Category: 未分類

二次会景品にパネルを

場の盛り上がりということを考えると、あまりに定番化したものでは面白くありません。だからこそ、和牛を使うというのは、強いインパクトを与えるものになってくるでしょう。だからといって、使いもしないような商品をもらっても、ほとぼりが冷めれば、処分してしまうことも出てくるからです。その点においても、和牛はインパクトもあり、食べてもおいしいという理にかなった景品になってきます。

会場問題は、その場でどうやって伝えるのかということです。和牛が二次会景品の中心になってくるとしても、商品を置くことはできません。傷んでしまうことになりますし、持って帰る時間も考慮しなければいけないこともでてきます。目録ということも重要ではありますが、もう少し視覚的なインパクトも欲しいところになるはずです。そこで、景品パネルを使うという方法が出てきます

大きなパネルになれば、会場が大きくてもすぐに見えることでしょう。目に見えることによって、インパクトは大きく変化します。どんどんと盛り上げるためにも、視覚で煽れることは、幹事にとってもメリットがありますので、こうしたグッズも活用していくべきです。ちょっとしたアイテムですが、うまく使えば最高の時間にできるでしょう。

関連リンク⇒パネル付き二次会景品 – 景品ロイヤル


二次会景品で想像する

二次会景品は、やはり話題になりやすいということが重要です。それも中心となるようなものを考える場合、しっかりとしたインパクトがなければいけません。その点で、和牛というのは、普段なかなか食べることがないこともあって、強烈なインパクトを残すことができるでしょう。そのインパクトの強さがあるからこそ、その時に商品がなくても、二次会景品として使うことができるといえます。だれでも和牛といえば、必ず目を引くことも間違いないからです。

和牛和牛といっても、もうひとひねりすると効果が高まります。単純に和牛というより、松坂牛や神戸ビーフといったら、与える感覚は異なってくるでしょう。ブランド名の浸透ということもありますが、なによりも憧れの強さのインパクトが高まります。テレビなどで紹介されてだれでも知っているということもありますが、やはり最高級の景品であるという印象が強まるからです。ほんのちょっとのことではありますが、伝え方次第でも、かなりのインパクトを残しますので、ブランド名もうまく使っていくべきでしょう。よだれが出てくるような食べ方まで想像させるようなことができれば、だれもがその会の二次会景品に夢中になってくれるはずです。


二次会景品と和牛

二次会などの時間というのは、とても楽しい時を過ごせることでしょう。結婚式やパーティーなど、いろいろな二次会がありますが、景品が出るというだけでも、かなりの盛り上がりを見せます。ですが、毎回同じような景品ばかりでは、せっかくの場も盛り下がってしまうことになるのが問題です。そこで、いろいろ趣向を凝らすことにはなりますが、幹事にとっては頭の痛い問題となってくるでしょう。

高級和牛趣向を凝らすということでは、さまざまな方法がありますが、生ものなどは使いにくかったことも確かです。高価に見えたとしても、使い勝手が悪いことで敬遠されるのも間違いありませんでした。ところが、これらもあとから送付することで、使い勝手は格段に向上しています。目録というかたちになってくるため、演出次第ということもありますが、普段食べることもない高級和牛だったりすれば、二次会景品として、大きな魅力になってくるでしょう。二次会景品の景品で高級和牛をもらえると考えたらどうでしょうか。老若男女に関わらず、だれでも盛り上がることは間違いありません。効果は抜群に高いことは間違いないでしょう。定番的に使われることも出てきた以上、幹事となったときには、二次会景品として考慮しておかなければいけない商品です。盛り上がりにもつながってくる部分ですので、大事な二次会ということを考えても、どんなメリットがあるか考えておかなければいけません。そんな知恵のためにも、参考にしてみてはいかがでしょうか。